新今宮にて

日産のカルゴスゴーンが福島の日産工場を復活させるときに、明確にしたことが、ビジョン、計画、支援の3つだったそうだが、今の政府による東北復活のビジョンが明確でないような印象を受ける。

X100
c0022089_20215469.jpg

by sixjump | 2011-07-31 20:22 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://sixjump.exblog.jp/tb/16669301
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by S.Collins at 2011-07-31 21:43 x
政権交代からどれくらいたったのか、失望が続いて数えるのも鬱陶しく感じます。市民運動からは、政権与党を批判できても、政権与党に立てば、国家戦略など自分たちの見識が覚束ないのを隠している。隠している点で、経産省の原発リスク隠しも同罪ですが、今そこにある責任を、過去の他者に擦り付けているようでは亡国です。いっそ、経団連に全権渡したほうがまだましかもしれません。(嗚呼、亡国)フクイチの低濃度汚染水プラント対応に忙しいCollins拝。
Commented by sixjump at 2011-08-01 07:16
あまりにも考え方の違う政治家が集まった党では意見がまとまらない、政策が決まらない、ビジョンが共有できない状態であると思います。何故、異なり過ぎる政治家が集まって党を形成しているのかということは、第一の目的が政権交代で、それができた時点でその政党の大きな目的やビジョンが無くなり、鵜業の衆になったということでしょう。言い換えると、目的のほとんどを失ったことかもしれません。それ以上の期待をしたのが国民だったということでしょうか。
<< 住吉大社 難波にて >>