今年、お初の梅

昨年の今頃、大阪城の梅は、満開。しかし、今年は何百本もある梅のうち、5本程度がつぼみを開いていただけ。今日は本当に寒く、重装備してきて良かった。ラッキーなことにポケットに手袋があった。今日、人柄のよい上品なカメラマンにお会いし、色々、教えていただいた上に撮影スポットにも連れていただいた。梅はイマイチだったが、良い出会いがあったことに感謝。
c0022089_21523740.jpg

# by sixjump | 2006-02-04 21:52 | 大阪 | Trackback | Comments(0)

水仙2

黒岩水仙卿の残りの水仙をUP。本当に、咲いていない。
c0022089_19384592.jpg

# by sixjump | 2006-02-02 19:39 | 兵庫 | Trackback | Comments(0)

ある漁港にて

海岸沿いをドライブしていると、風力発電のある漁港をみつけた。車を流しているといろんなものと出会える・・・。
c0022089_20463425.jpg

c0022089_20465016.jpg

# by sixjump | 2006-02-01 20:46 | 兵庫 | Trackback | Comments(0)

日本水仙

淡路島の南海岸沿いにある黒岩水仙郷。10時頃到着したが、もう30分ほど遅いと駐車場に入るのにどれほど待たなければならないか想像がつかないほどの混雑。今年は、水仙の咲く時期が遅れている(昨年がはやかったのか?)。花は小さく、3分咲き。背の丈も低い。水仙が咲き乱れていればよいのだが、花が少なく小さいときは、水仙の美しさを引き出すにはどのように撮ればよいのだろうか。
c0022089_22592925.jpg

c0022089_22594320.jpg

# by sixjump | 2006-01-31 22:59 | 兵庫 | Trackback | Comments(2)

慶野松原の鳥人

慶野松原で松でも撮ろうかと思って行くと、松は冬で元気がなく、浜辺はゴミがあり、撮影意欲が萎えしまった。海の中に、錆びた鉄らしきようなものが立っていたのを見つけ撮影。そのうちに、浜辺で準備されていた方がエンジンで回る木製のプロペラを背中に背負い、大きな音とともに空に舞い上がった。鳥人の仲間のひとに許可をもらい、撮影。撮影したものを見せてといわれ、ご披露すると、オレも撮って欲しいと言われてしまった。100-300のレンズのお陰か?それにしてもこのレンズは極めて良いかも。手持ちで撮影するには、このレンズの重さはOK。嫁はんもこのレンズなら手持ち撮影できそうと言っている。sixjumpには120-300があるじゃないといつ言われるのだろうか、そして、このレンズがいつまでsixjumpの専用であるだろうか・・・。
c0022089_17292190.jpg

c0022089_17293512.jpg

c0022089_17295221.jpg

c0022089_1730682.jpg

# by sixjump | 2006-01-30 17:30 | 兵庫 | Trackback | Comments(0)

淡路島へ

淡路島へ高速で行くとなると、明石大橋を渡り、また、そこを通り帰る。高速の往復代は約11000円。ガソリン代を含めると・・・。  
ああーーー、参った。
2枚目は、APO 100-300 f4 EX IF HSMで撮影。少し暗いレンズだけれどいけど、写りは満足。2.8の明るさのAPO 120-300 f2.8 EX IF HSMは重いので出番が減りそう。
c0022089_8565632.jpg

c0022089_8571349.jpg

c0022089_8572799.jpg

# by sixjump | 2006-01-30 08:56 | 兵庫 | Trackback | Comments(0)

ツララ

本当に寒い。木の枝からツララが何本も下がっている。杉の木が林立している中で1本の杉だけがツララを多数下げていた。不思議なツララだ。
c0022089_22172824.jpg

c0022089_22204320.jpg

# by sixjump | 2006-01-23 20:27 | 奈良 | Trackback | Comments(0)

冬の曽爾高原

黄金の晩秋ススキの高原で有名な曽爾高原。冬の曽爾高原はどうなっているのだろうという興味と雪が残っていると良いかなと思いつつ、訪れた。誰もいない・・・。
横と縦の高原、ムードが大きく違うものだ。
c0022089_2223539.jpg

c0022089_2224876.jpg

# by sixjump | 2006-01-22 22:24 | 奈良 | Trackback | Comments(2)

菜の花

菜の花をAPO 100-300 f4 EX IF HSMで撮影。このレンズ、結構、イケルカモ。
c0022089_2321553.jpg

# by sixjump | 2006-01-20 23:21 | 大阪 | Trackback | Comments(0)

さざんか

さざんかと椿の違いは、花びらが一枚づつ落ちるのと、首がボトと落ちるようにまとめて落ちる違いらしい。
c0022089_20581366.jpg

# by sixjump | 2006-01-18 20:58 | 大阪 | Trackback | Comments(0)

さんしゅの実

さんしゅの実が木一面になっている。遠めにみるとよいのだが、近づくと少し萎れていた。「夜目、遠目、傘の内」、これは何を表現していたのか・・・。うーーん。
c0022089_1840772.jpg

# by sixjump | 2006-01-17 18:40 | 大阪 | Trackback | Comments(0)

蝋梅

梅が咲いたといっても、梅に先駆けて咲く蝋梅。蝋梅を撮っていると、蝉の抜け殻があった。不自然なところに抜け殻がある。誰かカメラマンがセットして撮影後に持って帰るのを忘れたかと思ったが、抜け殻の足の足などをチェックしたが置かれた感じがしない。やっぱり、自然のおりなすものかと撮影した。また誰かカメラマンが同じような疑問のもとに撮影するだろうなと抜け殻は持って帰らずそのままにしておいた。
それにしても、少し絞るとニコンのズームマクロのボケは2線ぼけぎみて綺麗でない。
c0022089_20422837.jpg

c0022089_20424691.jpg

# by sixjump | 2006-01-16 20:43 | 大阪 | Trackback | Comments(0)

水仙は?

水仙は、冬の花、それとも春の花? きっと春の花。大阪では温暖化で早くさいているのか?
c0022089_20415052.jpg
c0022089_2042612.jpg

# by sixjump | 2006-01-15 20:42 | 大阪 | Trackback | Comments(0)

冬の花

冬に、花の接写するには、咲くやこの花館の温室に行くしかない。しかし、温室といえども花の数は少なく、元気が弱い。
c0022089_229562.jpg

c0022089_2292099.jpg

c0022089_2293371.jpg

c0022089_2294774.jpg

c0022089_2210530.jpg

# by sixjump | 2006-01-11 22:10 | 大阪 | Trackback | Comments(0)

吹雪

今日より、初仕事。仕事といっても、午前中は会議。お昼12時より新年会、そして13時より別グループの新年会。14時30分より会議。16時より3回目の会議。18時より3回目の新年会。今日の新年会は、昨年と違い、ほとんどアルコールを飲まないでサバイバルできた(酒が弱くなったためか、酒の誘惑に負けなくなったためか?)。明日も11時30分より新年会をかねた食事会、13時より新年講演会。18時より新年会を兼ねた懇親会。2次会はどうする? 平和で退屈な、でも重要でネゴでアケクレル日本の新年会のオンパレード。来週からはまともな仕事が始まる。
c0022089_2320838.jpg

c0022089_23202157.jpg

# by sixjump | 2006-01-05 23:23 | 滋賀 | Trackback | Comments(0)

琵琶湖

正月といえば朝陽だが、夕暮れの湖畔。琵琶湖まで行くのは混雑してなかったが、帰宅時は渋滞に巻き込まれてしまった。
c0022089_9345942.jpg

c0022089_9352775.jpg

c0022089_9361511.jpg

# by sixjump | 2006-01-04 09:36 | 琵琶湖 | Trackback | Comments(0)

スナップのトライ3

参道には、占いのほか、色々な店が並んでいる。ラッキョウ、みたらし、七味を買って帰った。
c0022089_143314.jpg

c0022089_1435380.jpg

c0022089_14411100.jpg

c0022089_1442934.jpg

c0022089_1445150.jpg

c0022089_145953.jpg

c0022089_1455594.jpg

# by sixjump | 2006-01-03 01:46 | 大阪 | Trackback | Comments(0)

スナップのトライ2

石切さんは、河内の信仰をあつめ、”でんぼ”の神様と小さいときに聞いたことがある。厄落としのとき、祈祷をしてもらったことがあり、そのお陰で今も元気に生きていると感謝。
c0022089_1331353.jpg

c0022089_1373720.jpg

c0022089_1395868.jpg

c0022089_1403172.jpg

# by sixjump | 2006-01-03 01:40 | 大阪 | Trackback | Comments(0)

スナップのトライ1

いつもネイチャー専門なので、初詣をスナップ。石切の町は占いが集まっており、皆、新しい年の運勢を占ってもらっている。よい占い結果であればよいが・・・。占いの殆どが人生相談やカウンセリングであるはず。本当に未来を予測できる人を占い師とは呼ばない。レンズ(AF-S 24-85 f.3.5-4.5G(IF))を購入したので、初撮り。写りはマアマアかな。VRがないのでぶれが多かったし、標準なので、スナップにはもう少し広角がよいような気がした。SP AF 17-34 f2.8-4 Di LD (IF)も持って行けばよかった。
c0022089_1261145.jpg

c0022089_1262629.jpg

c0022089_1264786.jpg

c0022089_127567.jpg

c0022089_1272734.jpg

c0022089_1274518.jpg

c0022089_128416.jpg

c0022089_128217.jpg

c0022089_1284241.jpg

# by sixjump | 2006-01-03 01:29 | 大阪 | Trackback | Comments(0)

金剛山5

5回目にして晴れた金剛山で撮影できた。平野で晴れていても山頂では曇りが多い。
c0022089_844514.jpg

c0022089_851074.jpg

c0022089_853154.jpg

c0022089_854514.jpg

c0022089_855885.jpg

c0022089_861198.jpg

# by sixjump | 2005-12-28 08:06 | 大阪 | Trackback | Comments(2)

金剛山4-2

金剛山に何回も登って体力が付いてきたような気がする。単に散歩するだけやつらい山登りなどカメラがなければ出来るものではない。カメラのお陰で適当な運動が嫌になることなくできるとは趣味と健康維持の一挙両得。ゴルフもそのようなものだろう。暑い炎天下に芝生の上を単に歩き回るなんて出来るものじゃない。
c0022089_22533530.jpg

c0022089_22535691.jpg

# by sixjump | 2005-12-26 22:54 | 大阪 | Trackback | Comments(0)

金剛山4-1

山を歩いていると暖かいというより暑い感じだが、撮影は待つことが多いため体が冷える。どのような防寒具を準備すればよいのだろうか。風があると本当に寒い。海釣りの防寒具もよいかもしれない。
c0022089_20414557.jpg

c0022089_20421638.jpg

c0022089_20423464.jpg

c0022089_20425095.jpg

c0022089_2043562.jpg

# by sixjump | 2005-12-25 20:43 | 大阪 | Trackback | Comments(3)

金剛山3

3回目の金剛山。金剛山ばかり行っている。まとまった休みは、あと正月ぐらいしかないので、もう一度、正月ぐらいに寒波が来て欲しい(裏日本の方には申し訳ないmy希望)。
c0022089_87729.jpg

c0022089_872251.jpg

c0022089_873711.jpg

# by sixjump | 2005-12-25 08:07 | 大阪 | Trackback | Comments(0)

金剛山2

この冬、2回目の金剛山。My車のタイヤはサマー仕様(乾燥路面では245-40-R18でグリップばっちり)なので雪の上では滑りまくり。一擦り=20万円だから、車を空き地においてバス停から金剛山登山口へ到着。1時間に2本のバス。もう少し増発してほしい。
c0022089_033594.jpg

c0022089_0332193.jpg

c0022089_0333444.jpg

c0022089_0334823.jpg

# by sixjump | 2005-12-25 00:33 | 大阪 | Trackback | Comments(3)

白崎と湯浅

白崎半島に行ったあと、湯浅(醤油の発祥地)に行き生醤油と金山寺味噌を購入。角長の生醤油(熱殺菌を加えていないため冷蔵庫で保存しないといけない、手間のかかる醤油)は小さい頃の醤油の味がして懐かしく、家内イワク「ゼイタク者」のsixjumpは、この5年ほど、その醤油のみしか家では使用していないことにしている。金山寺味噌(なめ味噌)はお土産屋で買うのではなく、角長のある路地を3分ほど歩いた製造販売所で購入した。大きな味噌樽から秤売りをしてくれた。
c0022089_20275980.jpg

c0022089_20281671.jpg

# by sixjump | 2005-12-18 20:28 | 和歌山 | Trackback | Comments(0)

雪の金剛山1-5

明日も金剛山に行こうか、どうしよう。曇りらしい。青空と白い雪の組み合わせを撮りたいのだが・・・。
c0022089_2261116.jpg

# by sixjump | 2005-12-16 22:06 | 大阪 | Trackback | Comments(2)

雪の金剛山1-4

ああ、寒い寒い。本当に寒い。裏日本はすごい雪らしい。それにくらべ大阪は雪が少ない。
c0022089_21183467.jpg

# by sixjump | 2005-12-14 21:18 | 大阪 | Trackback | Comments(0)

雪の金剛山1-3

寒い日が続く。雪の季節が本格的に来た。白をどう表現するか、カメラを縦に回し、レンズリングをまわし、PLフィルターをまわし、そして頭をまわして考える。
c0022089_23375463.jpg

# by sixjump | 2005-12-13 23:38 | 大阪 | Trackback | Comments(0)

雪の金剛山1-2

紅葉が終わったと思いきや雪の季節に突入。今日は、めちゃくちゃ寒い。青空が綺麗だったので放射冷却。でも、仕事を持つ身としては、この青空と雪の白さをカメラに閉じ込めることはできない。ああ・・・。
c0022089_21165473.jpg

# by sixjump | 2005-12-12 21:17 | 大阪 | Trackback | Comments(0)

雪の金剛山1-1

昨日、行けばよかった。失敗・・・。趣味が多いのも困ったものだ。昨日は、趣味の果樹園で草払い機とともに一日過ごしてしまった。
c0022089_2225420.jpg

# by sixjump | 2005-12-11 22:03 | 大阪 | Trackback | Comments(0)