金剛山3

3回目の金剛山。金剛山ばかり行っている。まとまった休みは、あと正月ぐらいしかないので、もう一度、正月ぐらいに寒波が来て欲しい(裏日本の方には申し訳ないmy希望)。
c0022089_87729.jpg

c0022089_872251.jpg

c0022089_873711.jpg

# by sixjump | 2005-12-25 08:07 | 大阪 | Trackback | Comments(0)

金剛山2

この冬、2回目の金剛山。My車のタイヤはサマー仕様(乾燥路面では245-40-R18でグリップばっちり)なので雪の上では滑りまくり。一擦り=20万円だから、車を空き地においてバス停から金剛山登山口へ到着。1時間に2本のバス。もう少し増発してほしい。
c0022089_033594.jpg

c0022089_0332193.jpg

c0022089_0333444.jpg

c0022089_0334823.jpg

# by sixjump | 2005-12-25 00:33 | 大阪 | Trackback | Comments(3)

白崎と湯浅

白崎半島に行ったあと、湯浅(醤油の発祥地)に行き生醤油と金山寺味噌を購入。角長の生醤油(熱殺菌を加えていないため冷蔵庫で保存しないといけない、手間のかかる醤油)は小さい頃の醤油の味がして懐かしく、家内イワク「ゼイタク者」のsixjumpは、この5年ほど、その醤油のみしか家では使用していないことにしている。金山寺味噌(なめ味噌)はお土産屋で買うのではなく、角長のある路地を3分ほど歩いた製造販売所で購入した。大きな味噌樽から秤売りをしてくれた。
c0022089_20275980.jpg

c0022089_20281671.jpg

# by sixjump | 2005-12-18 20:28 | 和歌山 | Trackback | Comments(0)

雪の金剛山1-5

明日も金剛山に行こうか、どうしよう。曇りらしい。青空と白い雪の組み合わせを撮りたいのだが・・・。
c0022089_2261116.jpg

# by sixjump | 2005-12-16 22:06 | 大阪 | Trackback | Comments(2)

雪の金剛山1-4

ああ、寒い寒い。本当に寒い。裏日本はすごい雪らしい。それにくらべ大阪は雪が少ない。
c0022089_21183467.jpg

# by sixjump | 2005-12-14 21:18 | 大阪 | Trackback | Comments(0)

雪の金剛山1-3

寒い日が続く。雪の季節が本格的に来た。白をどう表現するか、カメラを縦に回し、レンズリングをまわし、PLフィルターをまわし、そして頭をまわして考える。
c0022089_23375463.jpg

# by sixjump | 2005-12-13 23:38 | 大阪 | Trackback | Comments(0)

雪の金剛山1-2

紅葉が終わったと思いきや雪の季節に突入。今日は、めちゃくちゃ寒い。青空が綺麗だったので放射冷却。でも、仕事を持つ身としては、この青空と雪の白さをカメラに閉じ込めることはできない。ああ・・・。
c0022089_21165473.jpg

# by sixjump | 2005-12-12 21:17 | 大阪 | Trackback | Comments(0)

雪の金剛山1-1

昨日、行けばよかった。失敗・・・。趣味が多いのも困ったものだ。昨日は、趣味の果樹園で草払い機とともに一日過ごしてしまった。
c0022089_2225420.jpg

# by sixjump | 2005-12-11 22:03 | 大阪 | Trackback | Comments(0)

今年最後の紅葉up

今年最後の紅葉UPに相応しいかどうか?納得がいかない。計画を持ってUPすればよかった。例えば、睡蓮と紅葉・・・(これもふさわしいかどうか???)。
c0022089_719162.jpg

# by sixjump | 2005-12-07 07:20 | 京都 | Trackback | Comments(0)

紅葉の終わり3

神社の色はオレンジに近い赤が基調だが、それに加えて真っ赤な紅葉が散り散らかしている。
c0022089_749029.jpg

# by sixjump | 2005-12-06 07:49 | 京都 | Trackback | Comments(0)

紅葉の終わり2

辛うじて残っている紅葉を選び、ほぼ裸の木をお寺の鐘で隠しながら撮影。
c0022089_20151797.jpg

# by sixjump | 2005-12-05 20:15 | 京都 | Trackback | Comments(0)

紅葉の季節も今週で終わり

落ち葉が多くなり、木々が裸になってきた。
c0022089_22115053.jpg

# by sixjump | 2005-12-04 22:12 | 京都 | Trackback | Comments(4)

あと何日で紅葉がおわる?

紅葉が終わりに近づいているが、山茶花の花が咲き始めた。
c0022089_23444331.jpg

# by sixjump | 2005-12-02 23:45 | 京都 | Trackback | Comments(4)

奈良公園4

奈良公園の中には、お寺さんの住居、知事の公舎、志賀直哉の住居など色々ある。
c0022089_1943121.jpg

# by sixjump | 2005-12-01 19:43 | 奈良 | Trackback | Comments(0)

奈良公園3

奈良公園にも一言主神社があるのを見つけた。
c0022089_20481867.jpg

# by sixjump | 2005-11-30 20:48 | 奈良 | Trackback | Comments(2)

奈良公園2

銀杏は光の方向によって金屏風のような印象を与えるときがある。銀杏の色を上手く出すにはやはりプラス補正しないといけないと分かりながら、プラスするのを忘れた。このような失敗をよくするなあ・・・。
c0022089_835251.jpg

# by sixjump | 2005-11-30 08:04 | 奈良 | Trackback | Comments(0)

奈良公園1(銀杏と鹿)

猪鹿蝶?銀杏と鹿の組み合わせを激写。何故か、銀杏のじゅうたんに鹿がよく見かける。奈良公園をカメラをもって歩いていると出くわす。
c0022089_232434.jpg

c0022089_233724.jpg

c0022089_2333044.jpg

# by sixjump | 2005-11-29 23:03 | 奈良 | Trackback | Comments(0)

湖東三山西明寺

西明寺に行くのに渋滞渋滞。昨年はこのようなことはなかったのに?きっとマスコミに載ってしまったのだろう。
c0022089_232007.jpg

c0022089_23202762.jpg

# by sixjump | 2005-11-28 23:20 | 滋賀 | Trackback | Comments(4)

太郎坊宮

太郎坊宮は阿賀神社の別名。太郎坊天狗が守護する社。では次郎坊はどこか?答えは京都鞍馬山。鞍馬もそういえば牛若丸と天狗だったような・・・。急な階段で登っていくが、本当に鍛えられ、天狗のような術と体力がつくような気がした。
c0022089_22502952.jpg

c0022089_22495717.jpg

# by sixjump | 2005-11-28 22:51 | 滋賀 | Trackback | Comments(0)

近江国の常楽寺

近江西国三十三ヶ所の一番札所のお寺。30分ぐらいで撮影がおわるこじんまりしたマイナーなお寺だが、紅葉がいいナカナカの趣のあるお寺でした。
c0022089_20414166.jpg

# by sixjump | 2005-11-27 20:42 | 滋賀 | Trackback | Comments(0)

紅葉は、まだまだチャンスあり

近畿の紅葉は、今盛り。まだ1週間は十分チャンスあり。今週の土日も時間があれば(無理やり時間をつくり)激写予定。この歪みが仕事に響かなければ・・・(お疲れモードに入らないように注意しよう)。兵庫のお寺は、京都のお寺に比べて、農民文化の匂いが残っており素直で好感がもてる。
c0022089_23442582.jpg

c0022089_23444653.jpg

c0022089_234556.jpg

# by sixjump | 2005-11-24 23:47 | 兵庫 | Trackback | Comments(1)

談山神社

古代政治で最大のクーデターの謀議を行った談山神社。謀議をおこなったことから談の文字が付いていると聞いた記憶がある。藤原鎌足が祭られている。
c0022089_21372140.jpg

c0022089_21374545.jpg

c0022089_2138135.jpg

# by sixjump | 2005-11-23 21:38 | 奈良 | Trackback | Comments(3)

御手洗渓谷

御手洗渓谷に行って9日経ってしまった。仕事が多くて整理ができていないと言い訳してみる。仕事が多いとは、どういうことだろうかと自問。仕事量が急に多くなった。仕事の処理速度が遅くなった。仕事の内容の変化(即断できない仕事が多くなり考える時間が多くなった)。他に何が・・・。歳とともに、責任が増え、そして体力が落ち、気力が落ち、知能が落ちたということか。
c0022089_7443916.jpg

c0022089_745109.jpg

c0022089_745299.jpg

# by sixjump | 2005-11-22 07:46 | 奈良 | Trackback | Comments(2)

愛宕念仏寺

化野念仏寺の無縁仏や墓石とちがい、愛宕念仏寺の石仏は表情がはっきり見える。夕方だったので、その表情は静かな感じだった。
c0022089_8202967.jpg

# by sixjump | 2005-11-21 08:20 | 京都 | Trackback | Comments(0)

西行庵

西行庵をupします。かなり暗い中でSSを長くして撮りました。まだ、木には紅葉が残っている分、落ち葉の量が少ない状態です。昨年は、木には紅葉が少なく落ち葉の多い状態を撮影した記憶があります。同じ西行庵でも紅葉の状態で趣が異なり、撮影する時間によっても表情が変わることが、カメラにはまってしまう原因の一つであり、レンズによって色合いや柔らかさが変わるのがレンズ地獄の一因ということになるのでしょうか・・・。
c0022089_21422311.jpg

# by sixjump | 2005-11-17 21:43 | 奈良 | Trackback | Comments(1)

高尾4

お寺の鐘、石灯篭などを撮っていると、蝉の抜け殻を見つけた。これをじっくり撮っていると、他のカメラマンが何を撮っているのと聞いてくる。蝉ガラですよというと鼻で笑われてしまった。何を撮ろうと大きなお世話と思いながら、相手をしてしまう”はまってます(sixjumpの別名)”はほんとうに気が弱い。でも、カメラを趣味としている人は変わった人が多い・・・、この”はまってます”を含めて。
c0022089_20122631.jpg

c0022089_20124320.jpg

# by sixjump | 2005-11-16 20:13 | 京都 | Trackback | Comments(2)

高尾3

落ち葉を撮るには、光の方向と明るさと思いながら撮ろうとしたが思うようにいかないのは仕方ないのだろう、自然が相手では・・・。これからは、お陰様、レフ板とかライトなどを駆使すべきなのか???一人で身軽なスタイル(嫁はん付きです、自分の撮影に熱中していて手伝ってはくれません)でいくのが長続きにつながるのではと思いつつ・・・。
c0022089_8252487.jpg

c0022089_825396.jpg

c0022089_8255664.jpg

# by sixjump | 2005-11-16 08:26 | 京都 | Trackback | Comments(2)

高尾2

神護寺は定番のスポット。どのように撮れば、他の人の作品と違うか考えたが、休むに似たりのペースでアイデアが出ない。ああ、限界か・・・。
c0022089_2135213.jpg

c0022089_21354498.jpg

c0022089_21362415.jpg

# by sixjump | 2005-11-15 21:35 | 京都 | Trackback | Comments(6)

高尾1

京都といえば、湯豆腐。湯気が屋根から上がっている。紅い傘の下で紅い色に包まれて白い湯豆腐を食べよう・・・。12月の大晦日から始めたblogへの訪問者が10000を越えていました。平均を計算してみると32人/day。見ていただいていたことに、たいへん感謝しています。
c0022089_23462476.jpg

c0022089_23464641.jpg

c0022089_23471153.jpg

# by sixjump | 2005-11-14 23:46 | 京都 | Trackback | Comments(0)

飛火野3

かなり暗くなってきたのでAFが利きづらくなってきた。広角のAFは暗いと難しいのだろうか。(MFで撮影)
c0022089_8163334.jpg

# by sixjump | 2005-11-08 19:45 | 奈良 | Trackback | Comments(5)