余野公園5

祭りの後。ああ・・酔っ払った。
c0022089_21451797.jpg

# by sixjump | 2007-05-16 21:45 | 三重 | Trackback | Comments(2)

余野公園4

孫と遊ぶ。
c0022089_2143771.jpg

# by sixjump | 2007-05-16 21:43 | 三重 | Trackback | Comments(0)

余野公園3

ツツジ祭りの公園では、楽しそうに時間が過ぎていく。
c0022089_20432585.jpg

# by sixjump | 2007-05-15 20:43 | 三重 | Trackback | Comments(0)

余野公園2

気持ちの良い天気のせいか、築山の上で、大の字で寝ている若者がいた。雲でも見ているのか、日サロ代わりにしているのか。

無事、退院したmyマシン(車)は新車のようにキビキビ走る。カーピットの担当者から非常に吹き上がりが良いようにしておきましたとコメントがあった。踏み込むとアットいうまに1**キロまで加速(**はご想像にお任せします)。これは危ない(免許が無くなる・・・?)。
c0022089_20191294.jpg

# by sixjump | 2007-05-14 20:19 | 三重 | Trackback | Comments(2)

余野公園1

ツツジで有名な余野公園。こけしの様なボク。
c0022089_2118918.jpg

# by sixjump | 2007-05-13 21:18 | 三重 | Trackback | Comments(0)

正法寺

滋賀県日野町にある正法寺。藤の寺として有名。
今日はどこかに撮影ドライブをしたかったが、3組の訪問者との2時間於きの約束があり、家の中で過ごした(先週撮影した在庫)。
c0022089_1959669.jpg

# by sixjump | 2007-05-12 19:59 | 奈良 | Trackback | Comments(0)

石光寺

大きな花の牡丹をマクロ的に大きく撮影。
c0022089_19213242.jpg

# by sixjump | 2007-05-11 19:22 | 奈良 | Trackback | Comments(0)

石光寺の芍薬

二上山のふもとにある当麻の里、石光寺は中将姫ゆかりの染の井と糸掛桜があり、染寺とも呼ばれている。もちろん牡丹も有名で綺麗だが、それ以上に芍薬が咲き乱れている。
c0022089_22111854.jpg

# by sixjump | 2007-05-10 22:11 | 奈良 | Trackback | Comments(0)

当麻寺

当麻寺も石光寺も牡丹で有名。
与謝野晶子  初春や当麻の寺へ文かけば奈良の都に住むここちする
(トキナー10-17)
c0022089_208750.jpg

# by sixjump | 2007-05-09 20:08 | 奈良 | Trackback | Comments(0)

長谷寺3

車のエンジンの調子が悪い。車は6.5才になり加齢のせいだろうか。キット、12.5万キロと車を酷使したsixjumpが原因だ。そのsixjumpも歯の調子が悪い。加齢のせいだろうか。そうだとすると、歳をとりたくない。一方、キット、歳をとって良い事があるはずだが・・・。しかし、何が良いのか、sixjumpにはよく分かっていない。
c0022089_20582969.jpg

# by sixjump | 2007-05-08 20:58 | 奈良 | Trackback | Comments(2)

長谷寺2

連休ボケからの脱却は、少し難しい。ナントナク、体(というより、気持ち??)がダルイので今日はいつもより1時間程早く帰宅してしまった。その分、明日の仕事の準備を家でしよう・・・。
c0022089_19354295.jpg

# by sixjump | 2007-05-07 19:35 | 奈良 | Trackback | Comments(0)

長谷寺1

奇跡に近い!!!。牡丹の時期に、長い回廊に誰もいない瞬間があった。
c0022089_18112221.jpg

# by sixjump | 2007-05-06 18:11 | 奈良 | Trackback | Comments(0)

ズーム魚眼は便利2

単焦点より、やはり、ズームは便利だ。特に、魚眼では、周りに写りこむ余計なものをズームで排除できる。奈良公園の北側にある春日大社の砂ずりの藤は、年々、短くなっている。砂ずりの名前を返上すべき日が近いかもしれない。
c0022089_21315922.jpg

# by sixjump | 2007-05-05 21:32 | 奈良 | Trackback | Comments(2)

ズーム魚眼は便利

ズーム魚眼は便利で周りに写りこむ余計なものをすぐにカットできる。しかし、本日、撮影した殆どが10mmの広角のみだ。いつもは広角で撮影するときは人間が入るのを極力嫌がり排除して撮影するが、ズーム魚眼では、人間を写りこむのが楽しいし、積極的に取り込んでいるSixjumpだった。縮小したら画質が極端に悪くなった。

c0022089_2129694.jpg

# by sixjump | 2007-05-04 21:34 | 奈良 | Trackback | Comments(0)

魚眼レンズ試写

魚眼レンズを購入(レンズ沼にハマリまくり状態)。トリアエズ、試写。
c0022089_1939370.jpg

c0022089_19391976.jpg

# by sixjump | 2007-05-03 19:39 | 大阪 | Trackback | Comments(4)

石楠花3

myマシンを診断してもらった。電気系統に難ありで、来週の木曜~金曜の1泊2日の入院でカナリの手術が必要とのことであった(エンジン上部の分解が必要らしい)。それまでは、ダマシダマシ乗っていて支障はないとのことで、カメラドライブに行けそうだ。それにしても手術代はカナリ高いことを言われ、これがなければ、AF-S VR 70-200が購入できるのに・・・・。
c0022089_2256222.jpg

# by sixjump | 2007-05-02 22:56 | 奈良 | Trackback | Comments(0)

石楠花2

今回の撮影では、強烈なマナー違反のカメラマンに遭遇した。sixjumpが撮影していると、sixjumpのレンズと撮影対象物の間に三脚を立て撮影始めたので、少し待って欲しいというと、訳の分からない主張をされ完全に無視された。世の中にはオカシイ奴がおり危害を加えられたら損と思い、マナーをお考えくださいと言って引き下がったが、本当にどうしようもない60歳ぐらいのカメラマンだった。
c0022089_21502790.jpg

# by sixjump | 2007-05-01 21:50 | 奈良 | Trackback | Comments(7)

石楠花1

myマシン(車)の調子が悪い。エンジンが不整脈的振動を出している。連休なので点検に出せないし、明日は朝早くから会議があるので入院させれない。連休の後半はどうなることやら・・・。
c0022089_23185386.jpg

# by sixjump | 2007-04-30 23:19 | 奈良 | Trackback | Comments(0)

神社の桜

在庫がなくなってきたので、季節は終わっていますが今年撮影の桜をUPします。
c0022089_1683388.jpg

# by sixjump | 2007-04-29 16:08 | 奈良 | Trackback | Comments(2)

レンゲ番外

レンゲを撮っていたら、蝶ちょを見つけた。レンゲにはナカナカ留まってれない。大学の同窓会的記念行事に参加。2次会に突入したが3次会には体力的についていけずサヨナラした。10時30分に帰宅。これって。カナリ付き合いが悪くなった感じだが、明日も仕事があると思うと・・・。
c0022089_22322952.jpg

# by sixjump | 2007-04-28 22:32 | 奈良 | Trackback | Comments(0)

レンゲ4

菜の花の向こうにレンゲ畑が見えるだろうか。
c0022089_2016437.jpg

# by sixjump | 2007-04-27 20:17 | 奈良 | Trackback | Comments(0)

レンゲの花3

レンゲは、UP(マクロ)が良いのか、風景が良いのかと思いながら、撮影・・・。
c0022089_2020381.jpg

# by sixjump | 2007-04-26 20:20 | 奈良 | Trackback | Comments(0)

レンゲの花2

連休初日に屏風岩に山桜を撮影しようと思っていたが、避けれない仕事が入ってしまった。桜が終わってしまう・・・・。
c0022089_19344585.jpg

# by sixjump | 2007-04-25 19:34 | 奈良 | Trackback | Comments(5)

レンゲの花1

レンゲの花は、大型連休後に、田んぼの土の中に鋤きこまれる運命らしい。レンゲの花のマクロ撮影ではなく、300mmf4の望遠で撮影。カメラを始めてから1年間ぐらいはマクロ撮影にハマッテいたためマクロレンズを3本持っているが、最近は本当に使用しなくなってしまった(防湿庫内で冬眠中)。
c0022089_2147223.jpg

# by sixjump | 2007-04-24 21:47 | 奈良 | Trackback | Comments(0)

北琵琶湖5

10日前に撮影した桜。これを撮影した後、高速道を車を飛ばして帰宅。
c0022089_20423577.jpg

# by sixjump | 2007-04-23 20:46 | 琵琶湖 | Trackback | Comments(0)

北琵琶湖4

夕暮れの北琵琶湖は、引き込まれそうで少し不気味さを漂わせ、早く帰らないと思わせる。
c0022089_17541672.jpg

# by sixjump | 2007-04-22 17:55 | 琵琶湖 | Trackback | Comments(2)

北琵琶湖3

最近、閲覧していただいている人の数が増えている。有難うございます。
c0022089_2043875.jpg

# by sixjump | 2007-04-21 20:43 | 琵琶湖 | Trackback | Comments(3)

北琵琶湖2

ヒツコク、桜をUP。
c0022089_2093166.jpg

# by sixjump | 2007-04-20 20:09 | 琵琶湖 | Trackback | Comments(2)

北琵琶湖

比良山腹の白い木はコブシの花だろうか。
c0022089_2036855.jpg

# by sixjump | 2007-04-19 20:36 | 琵琶湖 | Trackback | Comments(0)

山辺の道2

山辺の道沿いの池で、映り込んでいる桜を撮影していると、老カメラマンが声をかけてくれた。大阪や東京でサラリーマンしていたが、この山辺の道の近くが気に入り退職後に奈良に移り住んだらしい。学生のときからのカメラ暦がありフォトコンでも入賞されているとのことで、彼のカメラ哲学を聞かせていただいた。その中で印象に残っていた言葉が、「高い山や深い海に行かなくても、身の回りにある日常の世界に非日常の景色がある。それに気づくのが大切」であった。確かに・・・。でも、それが大変難しい。お名前を聞くのを忘れた。聞いても教えてくれないだろうけれど・・・。
 その彼に、撮りなさいと教えていただいたのをUPします。彼のレンズの先にある景色の切り取りを想像しながら撮影したが、彼のイメージに近いように撮れたかは聞かなかった。
 新米のsixjumpがベテランカメラマンによく声をかけていただくことを家内によく揶揄される、「キット、同じニオイがするのよ」と・・・・。
c0022089_20533295.jpg

# by sixjump | 2007-04-18 20:53 | 奈良 | Trackback | Comments(2)