<   2011年 04月 ( 71 )   > この月の画像一覧

新世界にて

今日、購入したタケノコ、タケノコ三昧。今まで食べた中で最高。マイッタ。来年も購入に行かないといけなくなった。

X100にて

c0022089_21265426.jpg

by sixjump | 2011-04-30 21:27 | Trackback | Comments(0)

タケノコ

今日、お邪魔したタケノコ農家で、20分ほど、いろいろ、お話をさせていただいた。ます、3000円ほどでタケノコを購入し、御主人の息子さんに案内していたき、竹林を撮影させていただき、いろいろタケノコの育成方法をお聞きした。お話を聞いたあと、手間暇かけて丹精に育てたタケノコが更に美味しそうに思えたので、息子さんに、タケノコの刺身にするには最高のタケノコを選んでいただき、更に3000円分を購入した。思いっきりオマケしていただいた。激安だ・・・。この後、奈良に山桜を撮影に行こうと思っていたのを急遽取りやめ、帰宅。親戚に配った。奈良の山桜の撮影の魅力より、新鮮なタケノコの魅力が上回った。

UPの竹に書かれている数字は何でしょうか? (X100にて)

c0022089_19443482.jpg



箇条書きで。
1..4-5月に落葉する。来週は一面落ち葉だらけで絨毯のようになる。
2.良いタケノコを出す竹の寿命は7-8年程度。
3.毎年、竹林の竹を1/7程度伐採する。
4..各竹には表年と裏年がある。
5.青々と葉が茂っている竹は今年タケノコを出し、あまり葉のない竹は来年だす。
6.タケノコは土がひび割れてもこっと盛り上がっている下にいてる。
7.頭を出せば品質が悪い。
8.土には稲藁を混ぜている。理由は土の軟らかさと保湿と肥料のため。
9.竹の木を見ると、一番上の部分が全て切り取らている。成長に栄養が取られないように、根元のタケノコに栄養が行くように、全ててっぺんをカットしているとのこと。

答え:竹の数字は生えた年を示している。20であれば平成20年とのことで、竹の歳で伐採の目安にする。7年目で青々と茂っている竹を今年は伐採し、その横に生えさせた若い竹をこれから育成するとのこと。

美味しいタケノコの選び方
掘り出して時間が経っていない:時間とともに苦くなる。
タケノコの先の葉っぱが緑でない:太陽にあたると緑になるので頭を出しているので硬くて苦い。
タケノコの根元部分が白いのが良い、茶色くなっていると苦い。
大きめで、根元が白くて、先が緑でないのが最高とのこと。
購入したら一刻も早く茹でて鮮度を保つ(魚の沖〆と同じ)

京都にいくつかのタケノコの産地があるが、長岡京が最高と自信を持っているとのこと。その理由は、手間の掛け方が違うとのこと。
by sixjump | 2011-04-30 19:44 | Trackback | Comments(2)

タケノコ

新世界シリーズを少し中断します。

今日の予定は、朝に長岡天満宮に霧島つつじを撮影し、その後、奈良に移動し山桜を撮影する行程で帰宅は20時頃を考えていた。しかし、急遽、帰宅。その理由はUPしたタケノコを購入したため。

長岡京はタケノコの有名な産地。店にも売っているが、掘り出してから時間が経っており、苦くなっている。今日は、タケノコ農家にお邪魔して、朝堀タケノコを購入した。このタケノコ農家では、竹林に稲藁を混ぜ込み、土地改良してタケノコを採っている。値段もカナリ安い。UPします。時間とともに苦くなるので、なるべく早く湯がくべきということで、帰宅してタケノコの処理中です。ここのタケノコは、湯がくときに糠、鷹の爪も必要ないほどの品質です。夕食のタケノコの刺身が楽しみだ。
注:この農家は午前中だけ訪問して頂いた方にお分けし、午後は出荷してしまうとのこと。各地から車で購入に来られる方のために土日の午前中に開くだけです。

タケノコの栽培方法は次のUPで説明します(受け売りです)。

c0022089_15152871.jpg

by sixjump | 2011-04-30 15:15 | Trackback | Comments(2)

新世界にて

昨日は、下の娘が大原美術館や芸術の直島に旅行するというので送り出し、上の娘夫婦が母の日のプレゼントを持ってきてくれたので一緒に昼食をいただき、その後、15時頃に家の用事を済ませ、シャンプーと撥水剤を用いて丁寧に車を洗った(いつもはガラスコートしているので水洗いだけ)。夕方に、カメラをしたいという欲求不満的気持ち。ということで、夕御飯を食べるついでに新世界を35mmレンズのX100を携えてパトロール。

スパワールドにて(大脳新皮質がビールで麻痺する前の撮影)
X100にて
c0022089_7372283.jpg

by sixjump | 2011-04-30 07:37 | Trackback | Comments(2)

新世界にて

「夕御飯、何にする」と聞かれたので、「串カツとビール」というと、「新しいカメラで撮影するため新世界にいきたいの?」と言われた。「当たり」と返事。串カツ屋に着く前に撮影し、そしてビールで大脳新皮質が麻痺した状態で撮影。UPは麻痺した状態での撮影。手振れが入っている。

誰も看板など見ずに通り過ぎていく。
X100にて
c0022089_0152548.jpg

by sixjump | 2011-04-30 00:15 | Trackback | Comments(2)

X100:スナップに挑戦

上司を待っているのか、御接待のお客様を待っているのか・・・。

c0022089_23405638.jpg

by sixjump | 2011-04-29 23:41 | Trackback | Comments(0)

X100:スナップに挑戦

またまた、暖簾です。

c0022089_16195765.jpg

by sixjump | 2011-04-29 16:19 | Trackback | Comments(2)

X100:スナップに挑戦

水掛け不動さんの近くにある小料理屋さんの暖簾。

c0022089_1565272.jpg

by sixjump | 2011-04-29 15:06 | Trackback | Comments(0)

X100

sixjump家での廊下で撮影。親戚の陶芸家からいただいた壺。

35mm単焦点なので、人間の見た目に近い感じで撮影される。逆に言うと、広角でパースペクティブの効いた異次元の世界的な誤魔化しはできないし、望遠のように余計なものを排除し圧縮効果の効いた絵画的な撮影もできない。sixjumpがめったに使うことのなかった35mm。この35mmのみしか使えないX100を持ち歩いて写真撮影の基礎を勉強しよう。言い換えると、英会話を勉強するときに日本語が一切使えない海外の隔離された状況(35mmしかない状況)に自分自身を放り込んで勉強するのと似ているような気がしてきた。

c0022089_1002978.jpg

by sixjump | 2011-04-29 10:00 | Trackback | Comments(5)

X100:スナップに挑戦

X100にて

Collinsさん 東北に親子ボランティア、敬服いたします。持っていかれる装備ですが、まず、第一には、必要ないかもしれませんが、風邪薬、胃腸薬、下痢止め、傷薬を安心装備として必須だと思います。そして、釘などを踏むかもしれませんので厚底靴(簡易登山靴など)、カードは使えないだろうから現金、そしてカメラ。如何でしょうか。

c0022089_992254.jpg

by sixjump | 2011-04-29 09:09 | Trackback | Comments(0)