<   2010年 12月 ( 47 )   > この月の画像一覧

余呉湖

大晦日に、カメラドライブしようかと思ったが、寒過ぎて出る気もせず、返って、家に引き籠りビールで御機嫌さんになっている。暇なのでオセチ料理作りにお手伝いしたと言っても、ビールを飲みながら卵焼きを作っただけ・・・。そして、今、ブログを書き込んでいる。明日は、どこに行こうかと思案し始めていますが、高速は雪と渋滞でで大変かもしれない。

2004-12-30 07:11  これは、このブログを始めた最初の時間。
http://sixjump.exblog.jp/177073/ そして、これがデジイチの最初の作品

 それ以来、6年経ちました。自分で言うのも変ですが、長く続いた趣味です。きっと、カメラ撮影が大好きで、ポッコリはまっているのだろうと思います。デジイチの購入する前に、実はコンデジを購入し撮影した時に、自分って才能あると大きな錯覚をし、一気にデジイチに突入しました。その間、S3Pro、S5Pro、そしてD3sとカメラボディー。レンズは、思い出せないほど購入しました(レンズ沼にはまってます)。今、思うと不思議ですが、初デジイチが極めてマイナーなS3Proというものを選びました。もちろん、キャノン、ニコン、などカメラメーカー機も選択肢にありましたが、当時のそれらメーカーのデジイチによるプロの方の作品を見ていると、諧調性の少ない、そして平気で白飛び黒潰れの作品があふれていました。ド素人でも、どうにか、それらを避けれる可能性のあるカメラがS3Proと錯覚して購入しました。素子は良かったのですが、連写性能などが弱く、スナップには全く向いていないカメラでした。しかし、じっくり撮影することが出来、構図に注力して撮影出来ました。そのS3Proが2年で壊れたので、修理せず、S5Proを購入。そして3年間S5Proにお世話になりましたが、思い切ってD3sを購入して1年経ちました。でも、今、D3sからS5Proに戻れない気分で、レンズもシグマ12-24、ニコン16-35ナノクリVR、24-120ナノクリVR、そしてタムロン70-300VCをお伴にしており、他は防湿庫で冬眠中になっています。

 6年前にカメラを始めたときの目標は、日本画的な作品を撮ること、そして透け通る光をトジコメルこと、芸術性を高めること、でした。その時の気持ちは、何か狩猟するような感じで、宝物を探すようにそして砂金をすくい取るようにギスギスしていました。そして、今、現在の撮影時の気持ちとしては、それらの作品を撮るというより、スナップ的に風景も都会も生活も身の回りにあるものを、構図を第一にして、力まずサリゲナク撮ることに興味を持っています。そして、可能ならば、そこにいる人達と、無理をせず、謙虚に、さりげない会話をして撮影のヒントを探すことが出来ればと思っています。そして、その土地の美味しいものを食べ、お土産を買い、ノンビリして撮影したいと思っています。歳をとったような感じですが、カメラで撮影することが目的ではなく、作品のための作品でなく、作品を作る競争ではなく、ただ、自分が感じたもの、美しいと思ったもの、大切だと思ったもの、残していくべきもの、をカメラを使って表現しようと思う大晦日です。また、カメラ撮影は、sixjumpの人間性、気性、考え、品性、倫理観、歴史、生活、職業、家族、そしてDNAまでを被写体を通して写しだすようです。良い作品を撮るためには、やはり、人間性を高める必要があるということから、来年の目標がボンヤリ見えてきた気がします。やはり、大晦日にカメラ撮影に行かず、じっくり考えることは大切ということになったようです。

 皆様には、本年はお世話になり、また、この6年間に、のべ164,500人ほどの方に御訪問いただきまして、大変感謝いたしております。また、このブログを通じて、カメラ談義ということで年に数回お会いして楽しい時間を過ごすことができる友人が出来たことは、本当に嬉しいことです。皆様には、新年は、健康に、希望がかなう、より良き年でありますように祈念いたしております。


c0022089_16461123.jpg

by sixjump | 2010-12-31 16:46 | Trackback | Comments(8)

余呉湖

寒さをお届けします。先日の土曜日に寒波がきましたので、日曜日は余呉湖という単純・短絡・無謀思考で、一飛ばしでカメラドライブ。もう一つの目的は、余呉湖または琵琶湖のワカサギの天婦羅を食べること。これが、何ともいえず、美味しいのです。もちろん、余呉湖の空気も透明感一杯で美味しいです。余呉湖は、3面を山に囲まれ、風の少ないところで、穏やかな湖面から、別名”鏡湖”ともよばれ、鏡のように水面に映る空、村、木々、山々が素晴らしいところです。その静かな湖には羽衣伝説があります。

c0022089_949551.jpg

by sixjump | 2010-12-31 09:50 | Trackback | Comments(6)

通天閣

通天閣、これを最後にします。

c0022089_031409.jpg

by sixjump | 2010-12-31 00:31 | Trackback | Comments(2)

黒門市場

黒門市場に買い出しにいきました。凄い人です。河豚は、まだ、生きて動いていました。購入しなかったのですが、撮影を快諾してくれました。ビールのあてに、イタリア製のカラスミを購入。日本製は高くて手が出ません。それに加えて、1050円で辛子明太子の形崩れ山盛りを購入。スーパーより安い感じ。

c0022089_18412826.jpg

by sixjump | 2010-12-30 18:41 | Trackback | Comments(2)

通天閣

携帯の連絡を待つ人、客を待つタクシー運転手、仕事が終わり赤バスを待って帰る人、座ってなにもせず待つ人(ずっと座っていました)、そして座って仕事を始め客を待つ人。ここには写っていませんが、カメラチャンスを待つsixjumpがいます。待つことも生活の一部。

c0022089_1411214.jpg


c0022089_13554314.jpg


c0022089_142242100.jpg


c0022089_13555616.jpg

by sixjump | 2010-12-30 13:56 | Trackback | Comments(4)

通天閣と「通天閣」

”通天閣”という言葉を探して撮影。最近、作品を作りたいというより、思いついたまま撮影している感じがしてきた。

「最近の作風が変わってきてない?」と串カツ屋でビールを飲みながら聞くと、「昔は”さわやか+きれい”だったけれど、最近、ゴミゴミしたものを撮影している」と言われたので、ビールの勢いを借りて、「ゴミゴミしたものをさわやかに綺麗に撮影してるの!」と反論した。本当に、そうなのかは極めて怪しいが、楽しみながら撮影しているのは真実。

c0022089_9111291.jpg


c0022089_912422.jpg


c0022089_9121647.jpg


c0022089_912347.jpg


c0022089_9124777.jpg


c0022089_9125942.jpg

by sixjump | 2010-12-30 09:13 | Trackback | Comments(4)

通天閣

同じような構図ですが、四隅から撮影したことになります。

c0022089_20531356.jpg


c0022089_21203676.jpg


c0022089_21204991.jpg

by sixjump | 2010-12-29 20:53 | Trackback | Comments(4)

通天閣

高さで、スカイツリーには負けるが、歴史と物語が豊富な通天閣。

ジャンジャン横丁を、ほろ酔い気分で歩いていると、「旦さん、12月は危ないよ」と声をかけられた。振り向くと、帽子をかぶった65歳ぐらいの小柄なおっちゃんがいた。怪訝な顔をすると、「12月はカメラでもなんでもシノガレルよ」、「この横丁の入り口に、シノギの片割れがいて、カモがカメラもっていくと他方の出口の片割れに携帯で連絡してあっという間にやられるよ」とのこと。これを聞いて両手でカメラを抱えた。「そんなに12月は危ないの?」と聞くと、「警察がこの前シノギ関係を締め上げたので、シノギのメンバーは金欠で何をするか分からないよ」、「自分はここに40年住んでいるけど、今年の12月危ない」、「家内が直ぐそこで商売しているけど、帰りは売上を持って帰るので、2人の若い衆と一緒に帰る」とのこと。「ボディーガードやね」というと、「地元の人ほど注意深いんだよ」という返事。彼は、財布に小銭を入れ、札は靴下の中に入れているというのを見せてくれた。こんな人混みのなかで見せてくれるとは・・・。本当に地元の人かなあ・・と思ってしまった。でも服装的には地元のおっちゃんだ。
 この会話を聞いていた家内は、「sixjumpがよっぽどボンヤリ無防備で歩いていると思われたんよ」とコメントをくれた。

c0022089_204327.jpg

by sixjump | 2010-12-29 20:04 | Trackback | Comments(2)

松阪

今日は、荒神さんにお参り、そして墓掃除。車を洗おうかと思ったがその気になれず、どうしようかと考えていたら、夕御飯を何にすると聞かれたので、「串カツとビールはどう」と答えたら、「それって、通天閣を撮影するってこと?」と言われ、「何で分かるの???」と返事した。さあ、今日は、どのように通天閣を撮影しようか・・・・。


松阪シリーズを終了します。

c0022089_1691184.jpg


c0022089_1692481.jpg


c0022089_1693676.jpg

by sixjump | 2010-12-29 16:09 | Trackback | Comments(4)

松阪

海岸沿いに車を走らせると、また、干潟に出会った。たまたま、高速を降りて、松阪近辺の海岸沿いをドライブ。目的のないドライブは気楽だ。

c0022089_2017197.jpg


c0022089_20284070.jpg

by sixjump | 2010-12-28 20:17 | Trackback | Comments(8)