<   2006年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

長谷寺3

長谷寺に訪れると、帰りにはいつも門前近くの奈良漬屋に寄って、瓜の奈良漬と西瓜の奈良漬を買って帰っている。これが、また、美味しい。sixjumpが今までの人生で一番美味しいと思っているこの奈良漬を、あまり、実家に寄り付かないお詫びに、母親に買って帰った。
c0022089_1959979.jpg

by sixjump | 2006-06-29 20:02 | 奈良 | Trackback | Comments(2)

長谷寺2

なぜ、写真に夢中になっているのだろうか、と考えてしまう。
 写るんです程度の人間が2年前ぐらいから写真に夢中になって、まだ、続いている。もちろん、キッカケは、デジカメの撮った作品をすぐに見れるという便利さが理由として大きいが、それだけでは2年も続かない。また、カメラをもって歩くと時間を忘れて歩き、かなりの運動量になり、デスクワークの仕事をしている者には健康面でプラスであることもある。しかし、それでも続くはずが無い。小学校から高校まで美術が好だったことと関係しているのか。そうでもない。きっと、最近の仕事量の多さ、解決できない色々仕事の出来事など、全てを忘れる時間をカメラが与えてくれている。すこし、現実逃避的要素を含んでいるらしい。一方、カメラをしていると良い作品を撮りたいという欲求もある。これらが理由だろうか。
 理由はともかく、一言でいうと、はまってしまったのだろう。そういえば、HNのsixjumpの前のHNは、”はまってます”だった。まだ、つづくだろうか・・・・?
c0022089_2117760.jpg

by sixjump | 2006-06-28 21:17 | 奈良 | Trackback | Comments(0)

長谷寺1

長谷寺は、Sixjumpのお気に入りの寺。その理由は、偏見と独断に満ちた理由。
1.奈良にある寺であること:京都の中心部の寺と比べての理由だが、奈良の寺は素朴で空気が良くて木々の勢いがいい。もちろん、京都の郊外のお寺は同様の理由で大好き。京都の中心部の寺では、木々、花々を撮るよりは京都の長い歴史を主題に撮るのがよいと思い込んでいる(今、花の撮影に大きな興味をもっているため)。
2.長谷寺の僧侶の方々は真摯に修行されていると思っているから。(注)もちろん、他の寺の方々の修行を知ってるわけではない。
3.長谷寺は、観光客に媚びた感じがしない。言い換えると、観光客の入場料をあてにしていないような感じ。広い境内で見るところも一杯あるのに入場料が普通の値段。京都には、秋の紅葉の時期は1000円の入場料をとる寺がある。
4.最大の理由は、撮影していると、こんにちは、ご苦労様、など僧侶の方に何回も声をかけていただき、また、会う僧侶全ての方に声をかけていただかなくとも会釈をしていただくなど、本当に恐縮してしまうとともに長谷寺を身近に感じるSixjumpであったこと。
c0022089_20171590.jpg

by sixjump | 2006-06-27 20:17 | 奈良 | Trackback | Comments(0)

初夏の水田

ソバ畑の近くの水田の畦に白い穂をもった猫じゃらし?があった。
c0022089_20472420.jpg

by sixjump | 2006-06-26 20:47 | 奈良 | Trackback | Comments(0)

ソバ畑

アジサイを撮影するのに夢中になり、昼ごはんを忘れてしまった。気がつけば13時45分。車で走っていると、笠ソバの案内を見つけた。そう言えば、昨年もあの美味しい笠ソバを食べたことを思い出し、思わずハンドルを切った。ざるソバをダブルで食べて(だから太っているのか)満足した。そのついではないが、半年くらしたポーランドでのソバの味を思い出した。ポーランドでは、ソバの実をそのまま茹でてお皿にもるだけ。パンやジャガイモの代わりにたまに食べるらしい。ポーランド人の友人達はあまり好きでないと言っていたが、日本人には結構イケルような気がする。
おなか一杯で、ソバ畑へ撮影に行った。ソバってもう咲いているのかと思いながら撮影。
c0022089_21233183.jpg

by sixjump | 2006-06-25 21:23 | 奈良 | Trackback | Comments(0)

観音寺2

長谷寺も八分咲きになっていた。来週でもアジサイはまだ大丈夫だろう。アジサイが終われば、次は何を撮りに行こう?
c0022089_22121376.jpg

by sixjump | 2006-06-24 22:12 | 兵庫 | Trackback | Comments(0)

観音寺アジサイ1

もう、20kmほどで日本海。福知山は、大阪からは近そうで遠い。アジサイの種類は100ほどで、本数は1万株ほど。奈良の矢田寺より種類と本数は多い。でも観光客は少なかったし、3脚使用可は嬉しい。
c0022089_1930283.jpg

c0022089_19301981.jpg

by sixjump | 2006-06-23 19:30 | 兵庫 | Trackback | Comments(0)

ユリ園

シグマの10-20は、フードのせいか、右上がケラレている。注意しないといけない。
c0022089_19574754.jpg

by sixjump | 2006-06-22 19:57 | 兵庫 | Trackback | Comments(0)

ユリ園

ユリの花は大きく、どのように撮ればよいか悩ましい。マクロで花の一部を拡大するのも一つ。ワイドでユリの群生を撮るのも一つ。うーーむ。
とりあえず、一写。レンズの最近接距離よりも近づいて撮ってしまった。ピントが甘い。さらに、赤は色飽和し易い色。ああ・・・。赤色がと思い、せっかく、タムロンのレンズを使用したのに。
c0022089_204392.jpg

by sixjump | 2006-06-21 20:05 | 兵庫 | Trackback | Comments(0)

丹波篠山

最近、プロの写真家ですかと声をかけてくれる人が多い。風貌だけはそのように見えるようになったのか? 偉そうにして撮影しているからか? お世辞か? 大きな望遠など器材のせいか? 実力が伴わないだけ、嬉しいような悲しいような・・・。田んぼが初夏らしく、思わずシャッターをきった。
c0022089_2151252.jpg

by sixjump | 2006-06-20 21:55 | 兵庫 | Trackback | Comments(0)