カテゴリ:和歌山( 39 )

加太港2

今まで5年で買い換えてきたsixjumpが今回は長く乗ろうと決心した車も7年ぐらいになると、外装は綺麗なのに、内装の一部が剥がれてきたり、ドアのゴムパッキンが破れてきたりとしてきた。あと、2年乗るとどうなるのだろう?

c0022089_17563251.jpg

by sixjump | 2007-09-15 17:56 | 和歌山 | Trackback | Comments(2)

加太港

加太港は小さな漁港。すぐ傍に淡島神社がある。この神社は納められた人形でアフレカエッテいる。

c0022089_20402685.jpg

by sixjump | 2007-09-14 20:40 | 和歌山 | Trackback | Comments(0)

友ヶ島8

昨日は、午前様。久しぶりの午前様だった。先輩が食事+北新地のラウンジと連れて行ってくれた。先輩には悪いが、座るだけでウン万円は、すわり心地が悪い・・・。と言いながら、飲んだ、飲んだ、歌ったで午前様になってしまった。

c0022089_2023684.jpg

by sixjump | 2007-09-14 20:21 | 和歌山 | Trackback | Comments(0)

友ヶ島7

友ヶ島を離れ、加太港で少し撮影後、友ヶ島の見える丘に行き、夕日に包まれる友ヶ島を撮影。最近、カナリ無精撮りをしている。三脚なしで手持ち撮影。ISOを高くf4程度で・・・。
c0022089_20535611.jpg


c0022089_20541333.jpg


c0022089_20542686.jpg

by sixjump | 2007-09-12 20:54 | 和歌山 | Trackback | Comments(0)

友ヶ島6

第3砲台跡。
c0022089_21285276.jpg

c0022089_2129638.jpg

c0022089_21292741.jpg

by sixjump | 2007-09-11 21:29 | 和歌山 | Trackback | Comments(0)

友ヶ島5

海と空の境、水平線を撮影すると、綺麗な曲線にならないことがある。たる型やイトマキ型のレンズの歪曲のせいだ。このレンズの解像度はよくないとかなど、解像度をよく問題にする人がいるが、それよりも歪曲が問題ではないだろうか。それに加えてフレア、ハレーションによるコントラストの低下も問題だ。レンズの総合性能をどのように評価すればよいのだろうか。

この監視所に使用されている鉄の厚みは15mm程度。当時の鉄の強度は30-50kg/mm2だろうから、これじゃあ、紙切れのように80mm砲程度の砲弾を通してしまうかもしれない。

c0022089_21121166.jpg

by sixjump | 2007-09-11 21:12 | 和歌山 | Trackback | Comments(0)

友ヶ島4

東経135°の近く、明治5年に日本で8番目に建設された友ヶ島灯台。この灯台の下に第1砲台跡がある。

関空より旅客機が飛んできたので撮影(左上に見えるでしょうか)。関空が近いため、まだ、高度が低い状態だ。たぶん、Boeing社のボーイング727かも知れない。約60年前に、この空を、サイパンからのB29が編隊を組んで紀伊水道を高度高く何度も北上し、大阪を空襲した。そのときに迎え撃ったのが友ヶ島の高射砲(果たして、砲弾が届いたのかはサダカデハないが・・・)。日本空襲に、延べ約15000機が来たらしい。このB29は、Boeing社、Martin社、Bell社により生産された。それにしても機種名の29から747ぐらいまで数字が大きくなっている・・・。

これを書いていて、祖母が農作業の帰りに、グラマンに機銃掃射され、足元を機銃弾の掃射線が2列走っていった生々しい戦争中の体験談を祖母から聞いたことを思い出した。

c0022089_214295.jpg

by sixjump | 2007-09-10 21:04 | 和歌山 | Trackback | Comments(0)

友ヶ島3

第2砲台跡。フランス式布陣の砲台で友ヶ島には5つの砲台がある。明治20年代の構築らしい。

c0022089_11255731.jpg

c0022089_11253853.jpg

c0022089_11272097.jpg

by sixjump | 2007-09-09 11:26 | 和歌山 | Trackback | Comments(0)

友ヶ島2

小学校6年生の春に大阪市内の学校へ転校し、その夏に新しい友達5人とキャンプ2泊で友ヶ島に出かけた。記憶にあった風景は、もう、そこにはなかったが、爽やかな風と暑い日差しはそのときのままのような気がした。

c0022089_2324475.jpg

by sixjump | 2007-09-08 23:24 | 和歌山 | Trackback | Comments(3)

友ヶ島1

友ヶ島で、好青年に出会った。友ヶ島汽船(株)の連絡船内で家内とSixjumpに景色の良いデッキを譲ってくれて、しかも二人のためにシャッターまで切ってくれた。学生かなと思ったが、社会人だそうだ。ドウリデ、礼儀正しく丁寧でシッカリしていた。お嬢さんたちも、明るくてカワイイ。三線を聞かせてくれ、カチャーシーを楽しく踊ってくれた。Sixjumpは日帰り、彼らは1泊する。また、このような爽やかな若者達と出会いたいものだ。その彼と仲間を紹介します。

c0022089_23125959.jpg


c0022089_21574831.jpg

by sixjump | 2007-09-08 23:11 | 和歌山 | Trackback | Comments(9)