カテゴリ:琵琶湖( 122 )

琵琶湖5

明るく眩しい日差しの中にあった琵琶湖に夕暮れが訪れ、赤オレンジの光で覆われた。

c0022089_22404263.jpg


c0022089_22405511.jpg


c0022089_2241688.jpg

by sixjump | 2007-09-26 22:41 | 琵琶湖 | Trackback | Comments(4)

琵琶湖4

琵琶湖の湖畔には、イロンナ、花が咲いている。それらをドライブしながら探すだけでも心が和む。のんびりドライブもいいものだ。

c0022089_21401723.jpg

by sixjump | 2007-09-25 21:43 | 琵琶湖 | Trackback | Comments(2)

琵琶湖3

琵琶湖西岸の坂本にある鶴喜そば本店に立ち寄った。これも家内の希望(命令に近い)でお昼ご飯とした。二百八十年の古き歴史をもつ蕎麦屋で、明治天皇の御土産として、宮中年越蕎麦として有名。ざるそば(大)でお腹イッパイで満足。ソバの香りを口の中で感じた。

c0022089_2332249.jpg


c0022089_2333362.jpg

by sixjump | 2007-09-24 23:08 | 琵琶湖 | Trackback | Comments(0)

琵琶湖2

琵琶湖には、ホテル、別荘地、湖水浴場などリゾート的に開発された湖畔が数箇所ある。

c0022089_2345146.jpg


c0022089_22385788.jpg

by sixjump | 2007-09-23 23:04 | 琵琶湖 | Trackback | Comments(1)

琵琶湖1

湖畔に彼岸花が咲いていた。

c0022089_23364960.jpg

by sixjump | 2007-09-22 23:35 | 琵琶湖 | Trackback | Comments(0)

浮御堂

コインの裏表を当てるゲームののように、良いことも、悪いことも起こる確率が同じとしても、表が続いたり裏が続いたりするように、良いことが続いたり、悪いことが続いたりする揺らぎ的なものが存在するかもしれない。この揺らぎ的なものが存在するなら、仮に、この揺らぎ的なものを一種のサインカーブ的揺らぎと例えるなら、良いことが多く起こる年や悪いことが多く起こる年があるはず。更に長い揺らぎがあるなら、良いことが多く起こる10年間と悪いことが多く起こる10年間があるかも知れない。更に長い期間の揺らぎもある。また、その起こる確率が同じ場合で、プラスマイナスの程度(サインカーブの振幅)が同じ大きさであったとしても、この大きさに揺らぎ(大きな喜びが続くや小さな悲しみのあとに大きな喜びが来たのように)があるなら、これらのサインカーブの組み合わせで良いこと悪いことの起こる複雑な不定期な周期が生じるかもしれない。もし大きな振幅で大きな周期のサインカーブの良い時が一生の期間であれば、幸せでラッキーな人生を送ることになるだろう。さて、自分は・・・?とにもかくにも、今年は良い年ではなさそうだ。

c0022089_21301973.jpg

by sixjump | 2007-08-31 21:30 | 琵琶湖 | Trackback | Comments(0)

西湖2

暑い日が続く。クールビスとしてラフな格好で仕事していたが、明日はスーツ+ネクタイで出勤。汗だくになりそうで、帰宅と同時にクリーニングに出さねば・・・。

c0022089_19332737.jpg

by sixjump | 2007-08-26 19:33 | 琵琶湖 | Trackback | Comments(0)

西湖

いつもの場所。

c0022089_23393429.jpg

by sixjump | 2007-08-25 23:37 | 琵琶湖 | Trackback | Comments(3)

琵琶湖

JR環状線に乗った。席に腰掛て、ふと、前をみると、「7人掛けのイスです。・・・。」とあったが、どう見ても、6人でイッパイになっている。最近の若い人は体格が良い。Sixjumpも横に体格が良い。7人掛けは無理。いつまでこのような前近代的看板をJRはかけておくのだろう。

c0022089_21332835.jpg

by sixjump | 2007-08-24 21:33 | 琵琶湖 | Trackback | Comments(0)

琵琶湖2

新築の契約と現住居の売買契約が終わり、アドレナリンが切れた感じでナントナクだるい。ひょっとすると、この2~3日が暑かったので、夏バテかな???

c0022089_2043575.jpg

by sixjump | 2007-08-09 20:48 | 琵琶湖 | Trackback | Comments(0)