四天王寺

JR天王寺駅から谷町筋を歩かず、四天王寺への裏道を歩いた。実は、四天王寺は、sixjumpが卒業した小学校の道向かいにある。小さい頃、毎日、歩いた裏道である。しかし、その頃の記憶とあっているのは道の曲がりや交差点の位置のみで、建物は建て替えられ、土地は再開発や地上げされ大きなマンションだらけになっている。同級生が熱を上げていた彼女の実家の八百屋さんはすでになく飲み屋になっている。当時のままのものは、有名な料亭の一部、お寺、お地蔵さんぐらいのものである。小学校に到着すると、懐かしいというより、当時の運動場の土の色だけが同じだと思った。そのため、正門の看板だけを撮影し、四天王寺の方に足の方向を変えた。

c0022089_7125043.jpg

by sixjump | 2013-07-20 07:12 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://sixjump.exblog.jp/tb/20524303
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by UZR at 2013-07-20 08:16 x
おはようございます。先生、そうですね、先生、私の通っていた、小学校の道もあぜ道を舗装され、畑もなくなり、当時のままは、阪堺線だけです。PS,先生、今日から、私の新しい生活が始まります。又人生のいいアドバイスよろしくお願いします。

Commented by sixjump at 2013-07-20 08:33
お早うございます。
時間というのは、もとに戻ることはない流れですが、ただ、時間は物事を解決してくれる流れです。その流れの中で、どのように、その時間の流れに流されるのか、泳ぐのか、乗るのか、取り残されるかなどあります。大切なことは流れの後ろを見ないで横も見ないで、見えないかもしれませんが流れの先を見ることだろうと思います。その中で、悔いのない唯一の方法は、何を努力するのかは人それぞれですが、努力することだと思います。新しい生活が充実することを祈ります。
Commented by mrgonn at 2013-07-20 08:55
おはようございます。
懐かしい話しですね。私の通った小学校は、少子化の影響を受けながらも統合を経て現在も残っています。統合で校名が変わったと聞きましたが。
通学路は、昔は田圃の真ん中をトボトボと歩いていったのですが、今じゃ住宅街の真ん中を歩いていくことになってます。休耕気に走り回った田畑も今じゃ、影も形もありません。寂しい話です・・・
Commented by sixjump at 2013-07-20 09:07
お早うございます。
名前が消えたのですか?三井住友的に長くなっても良いから、残してほしいものですよね。田んぼの真ん中(畦道)を歩くなんて、sixjumpなら、いつ小学校に着くかわからないほどの楽しみが待っています。思いでとの乖離がさみしいですが、時間というのは、残酷でもあり、また、新しい感動を運んでくるものだと思っています。今後の老後が楽しみです。
<< 四天王寺 道頓堀船渡御 >>